出来る限りシンプルに

近頃のカップルの中には披露宴も結婚式もあげずに届けだけを役場に提出するというものもありますから、予算がないと言う人は究極このような形に収まってしまったとしても頷ける部分があります。

そもそも結婚式はなんのためにするかと言えば、“正式に夫婦となりました、なります”という、親戚や友人知人に向けての告知や決意を明らかにしていく事にありますから、自分たちの気持を優先にすると決めて、式も披露宴もしない事にしてしまっても良いわけです。実際に現代の結婚式の動向をみている限り、派手なパフォーマンスが主流だったかつてよりも、よりシンプルで地味なスタイルが好まれてきている事も事実なのです。結婚は家と家のつながりだと考えていた時代は過ぎ去り、結納も一部の地域で行われているだけです。

指輪も作らなくて良いと考えるカップルも増えていますが、やはり指輪は欲しいという場合はお手製のオリジナルリングを作るというサービスが人気となっています。しかしながらあまりにジミ婚にしすぎて親や親族とうまく折り合いをつけられるのかと気になってしまいますが、結納も結婚式も無理にしなくても良いと考える親も増えている事を考えると、単に貧しいというよりも、個性を重んじる若者の発想が今時の結婚式に多大な影響を与えている事になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク