結婚費用はおいくら

今回は“結婚にかかる費用について”のお話です。近々結婚予定のカップルもまだはっきり決めてはいないが、結婚を考えているカップルも先立つものはお金です。おおよそいくらほど貯めておけば良いのか大変気になるところです。それについては生命保険関連会社が、大よそのところを算出してくれているものがありますから、そのデーターを基に検討してみますと、全国平均で500万円弱という数字がはじき出されています。ちなみに数字中にウエディングドレスやブライダルエステ費用、スナップ写真、引き出物経費は含まれていません。

あくまでも結納金から始まって両家顔合わせ、婚約指輪および結婚指輪の購入、披露宴、新婚旅行と御世話になった方々へのお土産までを含む純粋に結婚費用としての経費となります。さらに新婚生活へ突入する諸経費まで入れるとプラスαで100万円近くは必要になります。関西は結納金に相当の費用をかけると言われていても、関東と比較してみるとさほどはありませんから、いずれの地域でもおおよそ全体の1割程度の費用におちついています。

北海道では会員制結婚式が一般的だけあって全国平均よりも100万円ほど低めですが、それにしても結婚とはかくもお金がかかるものなのかと、ため息がどこからともなく聞こえてきそうです。親や親戚からの援助があれば金額にもよりますが、かなり助けになる部分が広がります。全国いかなる地域であっても親からの援助が7割強ですから、結婚費用の大部分を親や親戚らからの援助金で占められているという事になりますが、すでに親がなくなっている人や貧困家庭の人は結婚が難しいという事になってしまいます。

参考サイト≪ガラ おかちまち≫
約5万円という手ごろな価格から結婚指輪を用意できる宝飾メーカーです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク